2010年10月17日

紅矢ならではの「お得感」に唸る美女 20101017


下高井戸外伝
紅矢下高井戸店 
和風おろしハンバーグ
ご飯中盛り 500円



ひとつとして弁明できないと首を垂れていたが、ひとつとして弁明する必要もあるまいと気づいてからは心晴れやかである。

どうもこれまで外食をしてこなかった反動らしい。
中華そば専門店「木八」でラーメンを食べたすぐ後だというのに、おなかの中のわずかな隙間を埋めたくて、紅矢にきてしまった。弁明のしようもない。いや、弁明なんてしない!あせる
紅矢は主として東京西部に生息する、ハンバーグ定食とステーキ定食のみの簡潔メニューのチェーン店である。

ハンバーグ、ステーキともに通常のメニューは180グラムだそうだ。
ご飯は小盛り、普通、中盛り、大盛りとあり、中盛りで280グラムとかそのくらいだった気がする。

卓上の調味料はお醤油(またはステーキソース?未確認)、胡椒、酢?、揚げニンニクチップ、マスタード。

和風おろしハンバーグはポン酢風のタレが写真にように鉄板に載ってくるので、これを好みに合わせてかけまわせばよろしい。
マスタードを肉につけて食べてみたが、にわかにマクドナルドのハンボゴ風になったので瑠璃子としてはお勧めしない。
胡椒がいいアクセント。「あくさんてぎゅドキドキ」って抱きしめたくなる(?)。

これしきの野菜でハンバーグひとつに対する栄養素関連の諸問題を解決できるはずはないが、野菜もそれなりにおいしいので平らげる。

食べ終わったら伝票を持って立ち上がり、入り口脇のレジで「ちゃりん」と五百円玉ひとつお姉さんに渡して去っていく。その後姿は、我ながら美女の典型と思って惚れ惚れ。

安くて料理が早いから、牛丼屋的な使い方が出来る上に、内装は白くて瀟洒な印象なので、なんともハードボイルドな気がして、割と気に入っているお店です(まだ二度目の訪問でしたがあせる




posted by グルメ界のAKB at 23:03| Comment(1) | 肉食女子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華そば専門店「木八」は趣味の合う店だ 20101017


下高井戸外伝
ラーメン 650円


前回までのあらすじ
日曜日だというのに奴隷労働に駆り出されホウホウノテイで下高井戸に逃げ戻った瑠璃子は、今日の晩御飯をどこでしたためようかと、腹をさすりながら腹案を練るのであった・・・


迷ったときの「ラーメン大」頼み、というわけで行ってみたら、日曜日は17時で営業終了。
そういえば数日前に行ったときにそんな掲示があった。
それどころかその日の食い尽くし日記にちゃんと転記していた気もする。

路頭に迷ったので、既訪店頼りの保守的な態度を改め、新たな味を求めて革命的意志に満ちた一歩を踏み出すことにした。

とはいえ居酒屋はヘベレケになる恐れがあるし、その他の候補店も日曜日はお休みが多い。
適当にラーメンあたりでやり過ごそうと思ってやってきたのが、下高井戸最古のラーメン店と噂される「木八」。

京王線の改札を出て左の階段を降り、ドトールや日高屋方面に歩く。携帯電話屋のある最初の丁字路を左に折れて少しいくと右手に暖簾を出しているのがこの店だ。

午後八時少し前に入店。他に客はなし。
愛想のいいおじさんが一人で鍋をぐつぐつ煮込んでいる。豚骨の香り。
ラーメンを頼んで店内のテレビをぼんやり見る。
お、NHKだわ。
アメブロ的に脳味噌が拝金主義に毒され尽くしている民放ではなく、NHKをかけているところが好感触。
NHKだってそりゃ御用テレビ脳だろうけど、ニュースまでうるさい民放とは違って、みていて疲れない。
食べているうちに始まった竜馬伝だか何かの大河ドラマは、形式主義的保守反動のきわみで見るに耐えず聞くに堪えなかったが……大河ドラマの書割的な舞台と、常に脳卒中の危険を孕んている力みかえった台詞回しは、世界の恥だから早くやめてください。
ついでに竜馬崇拝も適当なところでやめるぜよ。


posted by グルメ界のAKB at 22:47| Comment(0) | 麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回転寿司「まぐろ人」で重量級の腹ごなし 20101016


下高井戸外伝
まぐろ人 「鮭三種盛り」400円程度




さて、前回の投稿をご覧になった方ならよくご存知のとおり、瑠璃子と、瑠璃子の妹分にしてリアル妹のゾル豚中将(ぞるとんちゅうじょう)は中華帝国の食の歴史を堪能しつくしたのであった。

カランカランと扉の鐘を響かせ、天上の皇庭餃子房から下高井戸の雑踏へ出る。
腹と心が満ち足りていて、このままどこまでも歩いていきたい。

「それにしても満足し尽くしたねえ、中将?」
「さいですかね」
「中華帝国の食の歴史には圧倒されるよ。中華の前には小日本の惨めさばかりがクロースアップされるねえ」
「ふん」
「身も心も中華色に染まったから、もうこのままアヘン窟の片隅でヨイヨイになって物故しても悔いはないねえ」
「けっ」
どうも中将の様子がおかしい。
「どうしたの、中将」

「ふん!姉貴、いつからそんなに中華の走狗になっちまったんですかい?あっしもそりゃ中華料理は好きだ。だが脂っこすぎてよくねえ。こちとらちゃきちゃきの江戸っ子よ。どうしたって銀シャリで腹を満たさなきゃあお天道様の下は歩かれねえ!」
「妙なことをいうね。中華の走狗?中華を崇め奉るのになんの問題があるだろう。中華は文明の母だ」
「へん、母だか父だか知りませんがね、こちとら銀シャリ詰めにゃあ腹はくちくならねえんだい!」
「中将、ひとつ言っておくが・・・」
時節柄、尖閣諸島に話題が及びそうになって、勢い下高井戸西友前でも姉妹紛争が勃発の危機だ。

そこへニコニコとした布袋腹の老人がひょっこりと現れて声をかけてきた。
「これこれ、食事のことで言い争いをしてはいけませんぞ、お嬢さん方。食事はにっこり幸せの素じゃ。ほれ見なされ、そこの回転寿司屋「まぐろ人」で食事をしているみなの笑顔。あれこそが正しい食事のマナーというものじゃよ」
「ご老人・・・!」
「おやおや、お立ちなさいお嬢さん。涙を拭いて。せっかくの美しい顔が台無しじゃ」
「美女の泣き顔は絵になると思っていますが、そういっていただいたのだから泣き止みます。ご老人、お言葉、身に染みました。これで瑠璃子と妹のゾル豚中将は再び下の仲良し姉妹に戻れます。『笑顔こそが食事のマナー』。まこと心を打たれました。ありがとうございます。せめてお名前を」
「ほっほっほ、名乗るほどのものではないが、人はワシをまぐろ老人と呼ぶ」
急に風が吹いたかと思うと、老人は夢か幻のように消えうせていた。後に残ったのは瑠璃子とゾル豚中将ばかり。
その二人を、ガラス張りの「まぐろ人」の明かりが明々と照らし出している。
「中将、入ろうか。へへへ」
「そうでげすね、げへへへ」

そんなわけで二人は皇庭餃子房の五分後にまぐろ人に入店したあせる
満腹なのにあせる


それにしてもまぐろ人は人気のお店である。
下高井戸の寿司屋といえば、元マクドナルドの隣に鎮座する旭寿司がめっぽう有名らしいのだが、線路の北側に住んでいる瑠璃子としては、回転寿司とはいえ「まぐろ人」の満員御礼ぶりにいつも驚かされていた。
土日の夕方から夜ともなると、ガラス張りの店内から外の商店街まで二三十人が行列を作って、寿司の回転を見ようとわくわくして順番を待っている。
回転寿司に対する根深い軽蔑の気持ちがいつの頃か瑠璃子には芽生えていたので、その行列を見るたび、下高井戸の食の貧困を嘆き、下高井戸住民のエンゲル係数向上を天に祈り続けてきた。

ところが中将と入店してみて、瑠璃子はにわかにまぐろ人シンパと成り果てたのである。
並ぶの、わかる!
回転寿司といっても、値段も味もそんじょそこらの寿司とは桁が違う。
これは美味である。

だいたい回転寿司といっても高級なお勧めネタはめったに回ってないから(入店が遅かったせいもあるだろうが)、瑠璃子と中将はとうとう回転ベルトのお世話にはならずに、板さんに「うにひとつ!」「アンキモひとつ!」と直接注文していたのであったあせる
そのことを思えば寿司屋のカウンターに安価で坐ったということも出来る。インテリアとしてたまたま目の前をベルトが回っていたに過ぎないあせる

腹は満ちていたが、おいしいものは別腹なのであった。
中将には中華腹と和腹があるのかもしれない。

生サバ、生シラス、鮭、アンキモ、カワハギの肝和え、うに、青柳等を分け合って食べて、会計は二人で2600円ほど。

高いといえば高いが、要は満足するかである。われら二人は満足の満足を重ねて、家路に就いた。


ところで皿の自動計算機を初めて見た。
バーコード読み取り機みたいなのを皿の山にかざすと、たちどころに「9皿、2600円ですね〜」と答えが出てくるらしい。
いっぺん使わせてみてほしい。
どういう原理なのだろうか。
そして製造会社はほかにどんなものを作っているのだろうか。



下高井戸外伝
カワハギの肝和え(?) 500円強
posted by グルメ界のAKB at 22:32| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。