2013年01月25日

それが始まりの始まりの終わりの始まり

今を去ること二万八千四百年。
そのころまだ私は生まれていませんでしたか?

はい、それは鉛筆です。
いいえ、ケンは鉛筆ではありません。




posted by グルメ界のAKB at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

「もしドラ」ぐぬぬ…

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]/キングレコード

¥3,990
Amazon.co.jp



美少女高校生という設定の瑠璃子も来年で百歳だから物覚えが悪くなってねえ…
ええっと何だっけ、
「『もしもボックス』をドラえもんにもらったら」?
違う…
「もしドラッガーが高校野球の女子マネージャーだったら」?
なんかねえ、そんな小説とアニメとドラマと映画がありましたねえ。

正しくは
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
らしいけど、
「もしドラッガーが高校野球の女子マネージャーだったら」
でも内容が全く変わらないだろうところが可笑しい。

前田敦子=ドラッガー。
ううむ。
DVDで映画版『もしドラッガーが高校野球の女子マネージャーだったら』を観ました。



なぜ観たかというと、最近正負いろんな理由でAKB48が気になるからなのですが、しかしまあ、これはひどい映画ですねえ。
もう、感動的につまらない。
AKBの前田さんと峰岸さんが悪いのではないです。
前田さんの顔には慣れてきました。可愛いと思えてきました。いや、真摯な姿が相当素敵だな、と。

問題は、多分だれもこの制作を楽しんでなかったことにあるんじゃないですか。
監督からして作らされている感じだったんじゃないですか。
隅から隅まで完璧陳腐ですもん。


この映画は「ない」です。
ええ、ないですよね。そうですよねぇ。





あ、でも、吹奏楽好きなので、その辺は多少「ホホウ」と喜びました。
あ!それと、すみません、決勝戦は割と興奮しました。

…なんだ、多少は楽しんだのかい、瑠璃子あせるあせる
ラベル:映画 AKB48
posted by グルメ界のAKB at 22:36| Comment(0) | およそ世界について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇庭餃子房 キャンペーン2品持ち帰り

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
下高井戸中華界に福建の新風をもたらした皇庭餃子房。
上:イカと干し豆腐の炒め
下:カキのから揚げ山椒風味



久しぶりに中華皇帝の徳をたたえましょう!


西友の向かいにある中華料理屋・皇庭餃子房からお持ち帰り。
1月27日までキャンペーンをやっていて、特選5品が一律525円。

その中から
「イカと干し豆腐の炒め」
「カキのから揚げ山椒風味」
の二品をテイクアウトしました。
皇庭餃子房は駅前市場に総菜屋さんを出しているから、お店の料理も持ち帰ることができるのです。

パックから取り出してお皿に盛りつけてみました。
いやあ、これがさすがにとても旨い!


干し豆腐も花椒も日本でそこまで出回っているわけではないから、苦手な人は苦手かもしれません。
瑠璃子はどちらも大好物。


もうね、なんていうのかな、中華文明の奥深さですよね、それを感じずにはおれないですよね。


その旨さたるや、中華皇帝ならば皇庭餃子房をお抱え料理人にしちゃうだろうレベル。
信長なら「この美味はいつか抵抗勢力になる!」と斬っちゃうだろうレベル。
家康なら鯛の天婦羅で息を引き取りそうなときに「干し豆腐を食べればよかった」と悔いるだろうレベル。
瑠璃子はもう感嘆しちゃうレベル。




posted by グルメ界のAKB at 21:02| Comment(0) | 中華チック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。