2013年01月19日

さか本そば店(下高井戸) からあげ定食650円

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
下高井戸の食堂の中で「ボス」の貫録を備えているさか本そば店。
からあげ定食650円を食べてみました。




さか本そば店は下高井戸の良心といえましょう。
「古き良き時代」だのと過去をむやみに美化する気はござんせんが、デコラチヴな「おーるうぇいず さんちょーめのゆーひ」だの、力みかえって胡散臭過ぎる大河ドラマや連続テレビ小説を見ている暇があったら、さか本そば店においでなさい。
どんなテレビやテーマパークよりもよほど充実した時間が流れています。
都合4〜5回目の入店。
→過去の記事


下高井戸駅の旧マクドナルド出口(現マツモトキヨシ)を出て、日大方面へ少し進む。すぐに現れるオリジン弁当の角を左に折れてしばらく行けば、そこはもう「下高井戸の良心」の懐ろ。


この店はメニューの多さが特徴の一つ。
大将に許可をもらって壁面のメニュー群を撮影。
改めて見てみると、字、上手いですね。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

これまでの訪問では、ついついほかの方の訪問記にもある「さか本丼」ばかりを食べてしまっていたけれど、いつまでも一つのメニューにこだわっていては、本当の評価は出来ません。
今後はいろいろなメニューをしらみつぶしに食べていこうと思い立ちました。


今日はその第一歩。気負わず、しかし確実なところを選択したい。
迷うわねぇ〜。


結局半ば妥協的に、穏健どころを注文。
からあげ定食650円、前払い制です。


この店のもう一つの特徴はその広さ。
マス席のような小上りが店内にいくつも設けられており、そのうちの一つに席を定めます。
近くのマスには、先客のおじさんが天ざるを肴に瓶ビールを煽って眠りこけています。
のどかすぎるほどのどか。ほとんど自宅の居間気分が味わえるお店。

しばらく待つほどにやってきました、からあげ定食。
おしんことお味噌汁がついて、立派な定食です。
ご飯も大きめのお茶碗にてんこ盛り。

※冒頭写真再掲
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

メインのお皿にはこんがりと揚がった鶏のから揚げが10切れほど。
付け合わせにポテトサラダとポテトフライ、キャベツの千切りがついてきました。
卓上に醤油とソースが用意されており、キャベツにかけることができます。
ほかには七味とふりかけも各席に設置されています。


まずはからあげを一口。
お!これは上出来!

カリッと気持ちの良い音がするほどに衣がしっかり揚がっています。
値段からして胸肉だろうなと思いきや、醤油系の下味のついたもも肉。
ご飯がいくらでも進みます。

お味噌汁は大根がたっぷりとはいっており、冬の野菜の甘さが喉を喜ばせます。
ポテトサラダもしっとりとして美味しい。
ポテトフライはサラダと重複しているものの、「なぜ付け合わせてポテトフライが?」と考える楽しさがありました。

いやあ、これまでさか本丼にばかりこだわってきたことを後悔させるほどの美味でした。


まあ、多少欠点を挙げるならば、からあげの下味やお味噌汁など、全般的に味が濃い。
いっそキャベツは何も掛けず、水代わりにワシワシと咀嚼するのが良いかもしれません。


今後はメニュー総なめをめざして精進したいです。
ただ、「サラダ定食」というのがいかなるメニューであるのか、試すのが少し怖いのですが…



posted by グルメ界のAKB at 20:39| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新大久保 一六八 マーラー刀削麺 20130109

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
新大久保の中華料理屋「一六八」 マーラー刀削麺780円



新大久保の宗主国は韓国。
大久保はどちらかというと中国かしら。

東夷の爛れた町・新宿から大久保・新大久保方面に抜けると、ようやく大陸文化の香りが漂ってきて、なんだか心躍るような気がします。


本日のお店はインターネットで情報を得た初訪問店。
店名の「一六八」はイーリウバーと読むのでしょうか、お店の番地か何かだろうと想像します。
山手線新大久保駅北口に降りて、線路の一本西側の通りを高田馬場方面へ進みます。
途中インド人のインド人によるインド人のための食材店や、韓国人の韓国人による日本人のためのコリアンレストラン等を見て、5分ほど北上。
お店が姿を現しました。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜


さっそく入ってみる。
店内はこじんまりとしていて、20名入ればいっぱいになろうかという規模。
大きな壁掛けの中国地図や、金庸の武侠小説から飛び出してきたかのような美人画が雰囲気を盛り立てています。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜




基本的に初訪問店ではマーラー刀削麺を食べることにしているので、ここでもマーラー。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

中国人の店員のおばちゃんが、
「辛いけどいいの?」
と心配してくれたけれど、いいんです、頑張ってみるのです。


そして出てきたのがこれ↓ ※冒頭写真再掲
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

うわあ、鮮血のように赤く、びっしょり油まみれ。
日本人の胃腸には激烈な衝撃がありそうだけれど、郷に入っても郷に従わない調理に期待が持てます。

しっかりと花椒が効いている辛さ。店員さんが確認するのも納得。
食べるラー油をお湯で溶いて花椒を放り込んだような味だけど、美味しい。
いかにも大陸の庶民食堂風とでもいいましょうか。


実に本場感溢れる味わいでした。
辛さを心配された手前、ついつい強がって飲み干してしまいましたとさ。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
posted by グルメ界のAKB at 19:15| Comment(0) | 中華チック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回転寿司「魚屋路」下高井戸店で失意 20130107

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
高級回転寿司「魚屋路」下高井戸店。店名は「ととやみち」と読むらしい。


この物語は、ノドグロの握りを愛してやまない美少女瑠璃子が、近所の寿司屋で偶然それを発見するも、残念ながらその日は欠品だったという悲劇の叙事詩である。




瑠璃子が愛してやまない寿司ネタがある。

ノドグロ!!

ああ、ノドグロと聞くだけで喉から手が出るグロテスクな形相になりそうなほど、ノドグロの握りは美味しい。
あんなに美味しい寿司ネタはこの世にほかにはありゃしない!

…とか言いながら、実はノドグロを知ったのはほんの最近のこと。
今のところ握りを2貫、刺身を数片食べたことしかございましぇん。てへ。


昨年の春先、金沢へ遊びに行った。町の魚市場でやたらに「ノドグロ安いよ安いよ」と声が上がっているのを聞いて、初めてノドグロという名を知りました。

「ノドグロ?なにそれ魚?ふうん。やたら高いわね、阿保くさ。いくら旨いといったって、松坂牛のようにビールを飲ませて養殖するでもなし、刺身ならば高級調味料代や一昼夜煮込む手間賃もかからないでしょうに、それでもこんなに高いのは漁協の犯罪的謀略に違いないわ」

そんなわけで食べるつもりはなかったのだけれども、二泊の間中、ひっきりなしに「ノドグロ」「ノドグロ」と聞かされれば、ノイローゼにもなるものであります。

「わかったわかった!そんなにいうなら食べてやるわむかっ!そして散々にけなしてやるわよ。ショックで金沢新幹線が中止になるようなひどい罵詈雑言をこの町に浴びせかけてやるわ!」

…で、食べてみたんですよねぇ。
市場の回転寿司屋という良いのか悪いのかわからない微妙な選択だったにもかかわらず、これが、震えるほどに美味しかったんですよねぇ。
海援隊の母に捧げるバラードが「今も聞こえるあのおふくろの声」ならば、ノドグロはこの記事を書きながら「今も舌によみがえるあのノドグロの味」だわよねぇ。

鯛の淡泊さとハマチの濃密っぷりを併せ持つとでもいいましょうか。
お寿司を食べて溜息しか出なかったのは後にも先にもノドグロだけ。

瑠璃子はすっかりノドグロ信仰にはまり込みました。

※参考画像・金沢のノドグロ握りであります。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜



…東京に帰ってきてもしばらくは頭の中はノドグロのことばかり。
「ノドグロはありませんか…ノドグロはありませんか…」とマッチ売りの少女よろしく手当たり次第に寿司屋・魚屋の戸を叩き暖簾を跳ね上げ、しかしそしてわかったのは、
「東京でも探せばノドグロもあるところにはあるが、あるところは高いところである」
なんて冷酷な事実。そんな金あらへんがな。

実は下高井戸の魚屋さんでも二度ほどノドグロのお造りを見かけて、亭主を質に入れる意気込みで買って来て食べたのでございます。しかし、どうも味が足らない。鮮度以外にも、酢飯とのハーモニーがノドグロのポテンシャルエナジーを引き出すってことなんでしょうねえ、刺身だけだとどうしてもパンチが弱い。Nodoguro feat.SUMESHIが俺たちのハートに火をつけるのさ。
昨夏、下関を訪れた際にも、下関のデパ地下で安いノドグロを見かけたけれど、リスペクトするSUMESHIがいなかったから泣く泣くあきらめたのでありました。
かくして瑠璃子は「ノドグロの握り恋しや、ほうやれほ」と「山椒大夫」作中の人物になったように深い悲しみに包まれて生きていたのでした。


さて、ようやく本題。
で、本題はすぐに終わります。


先日、甲州街道をテクテクと散歩していたら、桜上水駅を超えたあたりで回転寿司屋に出くわしました。
「魚屋路」(ととやみち)下高井戸店。
元はファミリーレストランだったろう造りのお店。
見ると
「ノドグロ」
と幟が立っている!!!!!!!!


うわあ!うぎゃあ!これはとうとうおいでなすった!と、直ちに行軍を中止して入店。
午後三時という微妙な時間帯で、ほかにお客さんは無し。ベルトにお寿司も回っていません。
「…やってますか?」
「やってますよ!」
興奮に足をもつれさせながらカウンターに陣取り、ふと、何の気なしに、
「ノドグロ、ありますよね…?」
「申し訳ない、今日は入荷がないんですよお」


ああ!
安寿恋しや、厨子王恋しや。ノドグロ恋しや、ほうやれほ…
瑠璃子の悲劇はこれからも続く…

入荷無いなら幟はしまっておきなさいむかっ
ああ、そうそう、金沢新幹線、早く開通しなさいむかっむかっ
posted by グルメ界のAKB at 18:37| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸 悦記飯店の刀削麺 〜え?関西で人気あらへんの?〜

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

神戸南京町(中華街) 悦記飯店 刀削麺500円



更新休止期の青春の思い出A



夏。
おお!それは、照りつける日差しの強さに反比例するが如く、人々の心を冬のような寂しさがよぎる季節。
私はなぜここにいるの?
私の居場所は本当にここなの?
わからない、そして心が叫ぶ、どこか、ここではないどこかへ!! …あせる


というわけで♪
2012年夏のある日。
昼から瑠璃子はふと思いついて、その晩の「ムーンライトながら」の指定席券をゲット。
「ながら」の指定席券をとるのは巷間なかなか至難の業とされてますが、当日の切符は案外とれるもの。要はどたキャン切符が出回るからですが、それをどう確保するかの秘術は以前の記事をご参照くださいませ(→「ながら情報」

さて、切符はとったが行くアテがない。
どうしましょう。
しかし季節は夏、野宿の身となろうとも路傍の骸にはなりますまい。
見切り発車で一路西へ。


翌日、着いたのは神戸三宮。
ここは思い出の港町。何度ジャンボフェリーで高松へ渡ったことか。
船内で流れるジャンボフェリーのテーマ曲は最高にキュート。
みなさんも是非ジャンボフェリーに乗って、テーマ曲「二人を結ぶジャンボフェリー」を体験してみてください。


さて。三宮は中華街の町でもあります。
南京町の中華街に足を運んでみる。

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜


オシャレな街並みです。
ちょうど昼時、何を食べようかしらん。
もちろん刀削麺一択。
しかし刀削麺の看板が一向に見つからない。
軒を並べる食堂の呼び込みのお兄さんに聞いてみた。

「このあたりに刀削麺を食べさせてくれるお店はないでしょうか…昨日から一杯の刀削麺も食べておらず、もう気を失いそうなのです…」
「トウショウメン?」
「おや、ご存じない!?小麦の塊をこうやって、包丁をこうして、鍋にこうやって削り投げる例のアレです」
と説明してもピンとこない様子。
「関東では流行しているが、関西ではさして注目されていないのだろうか…」

それでも往生際悪く呼び込みのお兄さんやお姉さんを梯子していると、ようやく一人の小姐が理解してくれた。
「ああ、刀削麺?たしか一軒だけあったような気がするけれど、営業しているかどうかは未知数ねえ…」

結論から言えば、そのお姉さんのおかげで瑠璃子は刀削麺にありつけたのだけれど、南京町では刀削麺は全くと言っていいほどブーム化していないようでありました。

唯一たどり着いたお店が「悦記飯店」。
基本的には肉まんやエビの揚げ団子を店頭販売する屋台風の営業形態ですが、飲食スペースも付属しており、刀削麺はその店内で食べることができます。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜


刀削麺のバリエーションは1つのみ。
「刀削麺500円」
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

南京町でここまで刀削麺が冷遇されているのを見ると、東京でのブームがむしろ夏の悪夢だったのではないかと思えてくる。

程なくしていかにも中国の庶民食堂的なこじんまりとしたお椀で刀削麺が登場。
※冒頭写真再掲
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜


うむ、味も実に中国。
大陸のいたるところにみられる「蘭州拉麺」に少し醤油を垂らしたような薄口のスープ。
そうねえ、マーラー刀削麺だの担々刀削麺だのと日頃から驕った口には淡泊すぎる味だったけれど、多分これこそが「本場の味」(の一つ)なんでしょうね。
インドの庶民がマトンカレーだのチキンカレーを早々食べることがないように。


さて、以後は余談ながら。
南京町で腹をつくって、またしても行先に迷う。
とりあえず新幹線新神戸駅に至り、西へ針路をとるも、今宵の宿は広島か博多か、いまだ決まらぬ瑠璃子の胸の内。

結果からいえばその日の宿は、本人も驚く日本海洋上の船底だったのだけれど、それはまた別の話。



$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
posted by グルメ界のAKB at 00:07| Comment(0) | 中華チック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。