2010年10月16日

皇庭餃子房 下高井戸店 エビチリ、牛肉レタスチャーハン 20101015

京王線を降りると、下高井戸だった。
夜の底が白くなった。
「益鳥さぁ〜ん」
「カァカァ」
「お前は害鳥だ!!!」

しかしカラスを害鳥と捉えることは果たして正しいのだろうか、いや正しいとはいったい何なのだ、と考えながら駅から家への道をたどっていると、ふと皇庭餃子房がやけに輝いていた。
いつも目の前にあるものには気づきにくいものだ。でも今日に限って何故こんなにも輝いて見えるのだろう。
「見えないけれどあるんだよ、みんな違ってみんないい」
可能性はいくつかある。
店が百階建てになっていたから。
店の前に利根川がうねっていたから。
ワニやカバといった人間じゃないお客さんがひっきりなしに出入りしていたから。
オーケストラが店内でR.シュトラウスの交響曲を練習しているのが聴こえたから。
割引セール中だから。
店の窓にラフレシアの鉢植えが並んでいたから。
GACKTが店の前で饒舌なビラ配りをしていたから。
新幹線N700系が横付けされていたから。

そのどれとも決めがたかったけれど、いずれかの理由に惹かれ、瑠璃子は入店したのだ、扉を開けて。
階段を登ったのだ、皇庭餃子房の。

店内は六分の入り。金曜日の午後八時。家族連れが多い。
店主のおじさんがお客の小さな女の子を、中国語教えながらあやしている。
なんか素敵な光景。

一人身の瑠璃子は遠く彼方に置き忘れてきた家族の団欒を懐かしくも悲しく思い出しながら、財布と相談しつつ菜譜をめくった。
一ページ目に開店9周年記念特別価格のメニューがあった。

☆九周年ありがとうキャンペーン
10/8〜10/17
エビチリや鶏肉のサクサク揚げ等人気品目ベスト9が525円均一!!


なななんと!こんなセールをやっていたとは!(知ってたけどあせる
エビチリは半額、その他も軒並み300円程度の割引価格!
中華は大好きだが、町の中華屋でも割と高い。
皇庭餃子房も例外ではない。

「瑠璃子が初めてエビチリと牛肉レタスチャーハンを食べたのは皇庭餃子房の二階の奥の食卓だった。・・・菜譜をみているとふと食べる気になった。九周年で安かったので。」
そう一人ごちて、ビールも一本注文し、卓上はにわかに華やいだ。

下高井戸外伝

奥に見えますのがエビチリ(特別価格525円)、その手前が牛肉レタスチャーハン(特別価格525円)でございます。
エビチリの右脇に見えますのがビールの中ビン(500円)でございます。

エビチリのエビはきわめて弾力に富み、ぷちんと弾けるエビの肉体が口中を快楽の渦に巻き込んで止まない。
牛肉レタスチャーハンのねっとりとした質量は、香りの高さとともに腹腔をじっくりと暖めてとどまるところを知らない。
ビールのさわやかなのど越しは、・・・まあいつものビールだ。

てなわけで堪能させていただきました。
〆て1600円は決して安くはないけれど、楽しめたからいいや。

ところでレタスの一番おいしい食べ方って、炒めることだと瑠璃子は思う。
以前皇庭餃子房正面の西友でレタスサラダを買ったが、食べる機会を逸して冷蔵庫大魔神の腐敗冷気に屈しそうになっていた。
ちょうど買い置きの長崎皿うどん(ぱりぱり細麺のやつ)があったので、レタスを炒めて具にし、細麺にトロリと掛けて食べたら、これがちょっと想像を絶する美味しさだった。
レタスを生で食うなんて、西洋の毛唐か小日本の眼鏡猿だけである。

大中華を見習い、全てのレタスは炒めて食べることを啓蒙してゆきたい。




posted by グルメ界のAKB at 15:16| Comment(0) | 中華チック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。