2013年01月19日

さか本そば店(下高井戸) からあげ定食650円

$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
下高井戸の食堂の中で「ボス」の貫録を備えているさか本そば店。
からあげ定食650円を食べてみました。




さか本そば店は下高井戸の良心といえましょう。
「古き良き時代」だのと過去をむやみに美化する気はござんせんが、デコラチヴな「おーるうぇいず さんちょーめのゆーひ」だの、力みかえって胡散臭過ぎる大河ドラマや連続テレビ小説を見ている暇があったら、さか本そば店においでなさい。
どんなテレビやテーマパークよりもよほど充実した時間が流れています。
都合4〜5回目の入店。
→過去の記事


下高井戸駅の旧マクドナルド出口(現マツモトキヨシ)を出て、日大方面へ少し進む。すぐに現れるオリジン弁当の角を左に折れてしばらく行けば、そこはもう「下高井戸の良心」の懐ろ。


この店はメニューの多さが特徴の一つ。
大将に許可をもらって壁面のメニュー群を撮影。
改めて見てみると、字、上手いですね。
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

これまでの訪問では、ついついほかの方の訪問記にもある「さか本丼」ばかりを食べてしまっていたけれど、いつまでも一つのメニューにこだわっていては、本当の評価は出来ません。
今後はいろいろなメニューをしらみつぶしに食べていこうと思い立ちました。


今日はその第一歩。気負わず、しかし確実なところを選択したい。
迷うわねぇ〜。


結局半ば妥協的に、穏健どころを注文。
からあげ定食650円、前払い制です。


この店のもう一つの特徴はその広さ。
マス席のような小上りが店内にいくつも設けられており、そのうちの一つに席を定めます。
近くのマスには、先客のおじさんが天ざるを肴に瓶ビールを煽って眠りこけています。
のどかすぎるほどのどか。ほとんど自宅の居間気分が味わえるお店。

しばらく待つほどにやってきました、からあげ定食。
おしんことお味噌汁がついて、立派な定食です。
ご飯も大きめのお茶碗にてんこ盛り。

※冒頭写真再掲
$下高井戸外伝 〜むしろ刀削麺食べある記〜

メインのお皿にはこんがりと揚がった鶏のから揚げが10切れほど。
付け合わせにポテトサラダとポテトフライ、キャベツの千切りがついてきました。
卓上に醤油とソースが用意されており、キャベツにかけることができます。
ほかには七味とふりかけも各席に設置されています。


まずはからあげを一口。
お!これは上出来!

カリッと気持ちの良い音がするほどに衣がしっかり揚がっています。
値段からして胸肉だろうなと思いきや、醤油系の下味のついたもも肉。
ご飯がいくらでも進みます。

お味噌汁は大根がたっぷりとはいっており、冬の野菜の甘さが喉を喜ばせます。
ポテトサラダもしっとりとして美味しい。
ポテトフライはサラダと重複しているものの、「なぜ付け合わせてポテトフライが?」と考える楽しさがありました。

いやあ、これまでさか本丼にばかりこだわってきたことを後悔させるほどの美味でした。


まあ、多少欠点を挙げるならば、からあげの下味やお味噌汁など、全般的に味が濃い。
いっそキャベツは何も掛けず、水代わりにワシワシと咀嚼するのが良いかもしれません。


今後はメニュー総なめをめざして精進したいです。
ただ、「サラダ定食」というのがいかなるメニューであるのか、試すのが少し怖いのですが…



posted by グルメ界のAKB at 20:39| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。